ホーム / 試験勉強

試験勉強

 日本の不動産に関する資格又は検定等に係る試験の受験に当たって、その試験勉強の個別的かつ具体的な方法(手順、テクニック等学習の手法)について掲載します。

不動産資格学習指導要領

 不動産に関する資格又は検定等(以下「不動産資格」という。)に係る試験の「学習指導要領」です。
 どのような教材(入門書、教科書、基本テキストブック、問題集、資料集等その他の受験参考書)を使用又は活用し、どのように勉強を進めれば、より効率的に、不動産資格に係る試験に合格できるか、その学習に関する指針について、当該試験の合格者の現実の経験(合格体験)に基づいて、個別的かつ具体的に提示します。

現行学習指導要領の基本的な考え方

 ここに掲載する「不動産資格学習指導要領」(以下「学習指導要領」という。)は、不動産資格を最も効率的に取得するための基本的な手順を提示する文書であり、その基本的な理念は、第一に、最も少ない労力で、最も大きな効果を得ること、すなわち、具体的に換言すれば、最も少ない試験勉強の作業の量で、より多くの不動産資格に係る試験に合格し、最終的には、当該不動産資格を効率的に取得することにあります。
 この「学習指導要領」は、各不動産資格に係る試験の合格者の実際の学習の経験に基づく記録(合格体験記)を踏まえて、適切に策定し、掲載するものであり、この「日本の不動産に関する勉強会」(以下「日本不動産勉強会」という。)にしか存在しない「稀少価値のある情報」として提示できるものと考えています。
 不動産資格の取得(又は不動産資格に係る試験の受験)に当たっては、ぜひとも、日本不動産勉強会の「学習指導要領」を最大限にご活用いただきたく思います。

推薦図書

 日本不動産勉強会が厳選し、推薦する「不動産資格に関する書籍」をご案内します。
 ここに掲載する推薦図書は、信頼性のある著者が執筆し、又は監修し、及び信用のある出版社が発行し、なおかつ、特に合格実績に優れた書籍に限って、掲載しています。

国家資格

管理業務主任者
宅地建物取引士
ファイナンシャル・プランニング技能士
不動産鑑定士
マンション管理士

公的資格

公認 不動産コンサルティングマスター
賃貸不動産経営管理士

民間資格

競売不動産取扱主任者
マンション管理員検定

試験勉強

不動産資格学習指導要領

推薦図書