ホーム / 試験勉強 / 不動産資格学習指導要領

不動産資格学習指導要領「合格する実力」

 この不動産資格学習指導要領は、不動産資格の学習に当たって、その試験に合格する実力を確実に身につけるための基本的な手引きとなるものです。

不動産資格に関する試験案内

 まず、はじめに、あなたが受験者として受験する不動産資格に係る試験がいかなるものであるか、その全般について、実際に勉強を始める前において、あらかじめ、把握しておく必要があります。

試験の受験のための教材に関する分類概念

 ここでは、不動産資格の学習のために使用し、又は活用する多種多様な市販の教材を次の各号に掲げる名称とその定義に基づく区分に従って、適切に分類するものとします。

基本的な学習の手順

 ここでは、すべての試験勉強に共通する基本的な学習の手順を具体的に提示しています。
 その意味において、基本的に、あらゆる試験勉強は、その試験の受験をも含めて、次の5段階を踏むものとなります。

  1. 学習計画を策定する
  2.  

  3. 教科書を読む
  4.  

  5. 問題を解く
  6.  

  7. 模擬試験を受ける
  8.  

  9. 本試験に臨む
  10.