管理業務主任者

平成26年度管理業務主任者試験 合格証書

 宅建士との組み合わせ受験(ダブル受験)に向いている資格試験ですね。  これに合格したら、マンション管理士試験にも挑戦(トリプル受験)してみる価値は十分にあると思います(出題範囲がモロ被りなので。)。  ちなみに、管理業務主任者試験...
宅地建物取引士

平成26年度宅地建物取引主任者資格試験 合格証書

 特に、不動産業界を目指す人にとっては、必須の国家資格だと思います。金融業界の人にも、それなりの人気がありますよね。  と言いつつ、毎年の受験者数からみると、国民的な国家資格でもあり、本当に様々な立場にある人(会社員のみならず学生、専業...
マンション管理士

合格率8.2%!国家資格「マンション管理士」の合格証書が届いた!

国家資格「マンション管理士」の合格証書が2016年1月16日、ついに私の手元へと届きましたー。大手の予備校等が公表していた解答速報による自己採点及び統計の結果から、マークミス等その他よっぽどのことがない限りは、合格しているだろうという自信は...
マンション管理士

筆者の試験結果公開!資格の学校TACマンション管理士データリサーチ

今更ながら、公表しますねー。平成27年度マンション管理士試験(試験受験日:平成27年11月29日)の私自身の「総合診断結果」です。独学受験でしたけど、資格の学校TACのマンション管理士データリサーチに参加してみました。こんなの今更どうでもい...
賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士試験の結果並びに登録手続きのご案内が届いた!

「賃貸不動産経営管理士試験の結果“並びに”登録手続きのご案内」が届きましたー。この書面のタイトルについて、「不動産鑑定評価基準」を読んでいる私としては、「並びに」ではなくて、「及び」のほうがしっくりくるな~。そうですよね(笑)!?それはそう...
賃貸不動産経営管理士

賃貸不動産経営管理士試験の合格通知はぺらぺらの一枚(ぺらいち)!

「平成27年度 賃貸不動産経営管理士試験の合格通知」(郵便物)が2016年1月14日、届きました!(ただし、合格発表日は、平成28年1月13日です。)しかし、ペラペラの薄っぺらい紙でした…(汗)。これがそれ…。何の重みもなく、軽々しい一枚で...
公認 不動産コンサルティングマスター

不動産コンサルの「合格証明書」は別料金(3,080円)!

「合格通知書」とは、合格発表日に、願書で指定した住所(自宅、会社等)に届けられるこの郵便ハガキ(簡易書留郵便)のことです。「認定証等」とは、「公認 不動産コンサルティングマスター(不動産コンサルティング技能登録者)」としての地位・称号を得た...
公認 不動産コンサルティングマスター

平成27年度不動産コンサルティング技能試験に合格したよ!

2016年1月8日、不動産コンサルティング技能試験(受験日:平成27年11月8日)の合格通知が届いたよー。わーいわーい!と、とりあえず素直に喜びたいと思います(というのは、合格率が異様に高いのですが…。)。ちなみに、この「不動産コンサルティ...
賃貸不動産経営管理士

合格体験記「賃貸不動産経営管理士試験は、この1冊のみで合格できた!」

 本ブログ記事では、「平成29年度(西暦2017年度)賃貸不動産経営管理士試験(試験日:平成29年11月19日(日曜日))」に一発合格するために、少なくとも必要不可欠な教材について、筆者自身の受験の経験を踏まえながら、ご紹介していきたいと思...
マンション管理員検定

10の不動産資格の“超短期合格”のための受験勉強量の目安(必要最小限の勉強時間)

10の不動産資格の“超短期合格”のための受験勉強量の目安(必要最小限の勉強時間)「日本の不動産に関する資格」(以下「不動産資格」という。)には、最も有名な「宅地建物取引士(旧称:宅地建物取引主任者)」をはじめとして、その他、様々なものが存在...
公認 不動産コンサルティングマスター

不動産コンサルティング技能試験に約2週間で合格した「独学勉強法」

 日本のいわゆる不動産資格である「公認 不動産コンサルティングマスター(旧称:不動産コンサルティング技能登録者)」に係る認定試験である「不動産コンサルティング技能試験」に約2週間で合格した「独学勉強法」をご紹介したいと思う。  以下、こ...
宅地建物取引士

超効率的に合格せよ!宅建士からの管理業務主任者への挑戦が有利!!

超効率的に合格せよ!宅建士からの管理業務主任者への挑戦が有利!!私は、「平成26年度宅地建物取引主任者資格試験」(試験日:平成26年10月19日(日曜日))の受験を終えたのちに、管理業務主任者試験の受験勉強に初めて着手した。つまり、宅地建物...
宅地建物取引士

約1か月間の勉強期間で宅建士試験に一発合格した「普通の勉強法」

 筆者は、「平成26年度宅地建物取引主任者資格試験」(試験日:平成26年(西暦2014年)10月19日(日曜日))を受験した。  ちなみに、平成27年度(2015年度)以降における当該資格の名称は、「宅地建物取引士(略称、宅建士)」だが...