競売不動産取扱主任者

競売不動産取扱主任者

(推薦図書2020年度版)不動産資格「第10回令和2年度競売不動産取扱主任者試験」受験対策おすすめ教材(入門書・教科書・基本テキスト・問題集・資料集・参考書等)

試験案内「競売不動産取扱主任者試験」 推薦図書一覧 主たる教材(教科書・基本書・基本テキストブック) 「競売不動産取扱主任者 公式テキスト 改訂版 競売不動産の基礎知識」 株式会社住宅新報社 改訂版 ...
競売不動産取扱主任者

(試験結果2019年度版)令和元年度不動産資格「競売不動産取扱主任者」統計情報(申込者数・受験者数・合格者数・合格率・合格点)

 「第9回令和元年度(西暦2019年度)競売不動産取扱主任者試験」は、令和元年12月8日(日曜日)に、実施された。 当該試験の結果等については、次のとおりである。 (統計調査)令和元年度競売不動産取扱主任者試験結果報告書 ...
競売不動産取扱主任者

平成29年度 筆者推薦図書 競売不動産取扱主任者

 この記事の筆者、酒井ひとみの合格の経験(完全な独学による一発合格体験)に基づいて、日本の不動産に関する資格「競売不動産取扱主任者」に係る試験である「平成29年度(西暦2017年度)競売不動産取扱主任者試験」の受験者の皆様方に向けて、このブ...
マンション管理員検定

不動産の資格の携帯用・カード型の身分証明書の一覧(説明文・コメント付き)

 不動産に関する資格(不動産系資格・不動産関連資格)の身分証明書の写真を次のとおり掲載します。  このブログの記事に掲載する写真に写る不動産資格の身分証明書は、いずれも、すべて、筆者自身のもの(酒井ひとみの所有物)です。
マンション管理員検定

写真特集 酒井ひとみの不動産資格者身分証明書の記念写真集

 本ブログの筆者、酒井ひとみ自身・本人が有資格者であることを証明する「携帯用・カード型の身分証明書」の一覧です。  これらの不動産資格は、全て、約15か月という期間のうちにゲットしたものです。  戦略的かつ効率的に勉強を進めれば、誰...
マンション管理員検定

写真特集 酒井ひとみの不動産資格の合格証書等の記念写真集 通常版

 当ブログの筆者、わたくし、酒井ひとみは、平成26年度から平成27年度までのうちの連続する約15か月間において、合計10種類のいわゆる「不動産資格」に係る試験に、一般の受験者として、挑戦しました(…ちなみに、これまでの筆者の人生において、相...
マンション管理士

平成29年版 主要な不動産資格試験の出題範囲一覧表(法令等による分類表示)

 「主要な不動産資格試験の出題範囲一覧表(法令等による分類表示)」は、このブログの筆者が自らの受験の経験(体験談)に基づいて独自に作成した完全オリジナルのものです。  この一覧表の作成に当たっては、基本的には、わが国において代表的な不動...
競売不動産取扱主任者

平成28年度 筆者推薦図書 競売不動産取扱主任者

 この記事の筆者、酒井ひとみの合格の経験(完全な独学による一発合格体験)に基づいて、日本の不動産に関する資格「競売不動産取扱主任者」に係る試験である「平成28年度(2016年度)競売不動産取扱主任者試験」の受験者の皆様方に向けて、このブログ...
マンション管理員検定

10の不動産資格等の取得のために実際に支出した総費用の額

合計26万2,410円がパタパタ飛び去ってゆきましたよ… 私自身が「不動産に関する資格(検定等を含む。以下「不動産資格」という。)」の取得のために、実際に支出した費用の額(単位:円)について、できる限り簡潔に、一覧表の形式でまとめてみました...
マンション管理員検定

各不動産資格等の取得のために実際に支出した総費用の額の一覧

総額35万2,935円(教材費等を含む。) 「西暦2014年(平成26年)10月19日」から「西暦2016年(平成28年)年1月24日」までの「約1年3か月(15か月)」の間に、10の不動産資格・検定等に係る試験を連続的に受験し、これに要し...
マンション管理員検定

画像特集 不動産資格等の合格証書等の記念写真集 ピヨピヨ版

平成26年度宅地建物取引主任者資格試験 合格証書 平成26年度管理業務主任者試験 合格証書 平成27年第8回マンション管理員検定試験 合格証書 平成27年不動産鑑定士試験短答式試験 合格通知書 平成27年度 不動産コ...
競売不動産取扱主任者

平成27年度競売不動産取扱主任者試験 合格証書

 2017年現在、競売不動産取扱主任者資格試験の合格率は、非常に高い水準にあり、率直に言うと、今のところ、合格し易く簡単な資格試験であるため、名刺のお飾りの肩書きとして、例えば、ファイナンシャル・プランニング技能士、宅地建物取引士、管理業務...
マンション管理員検定

10の不動産資格の“超短期合格”のための受験勉強量の目安(必要最小限の勉強時間)

10の不動産資格の“超短期合格”のための受験勉強量の目安(必要最小限の勉強時間)「日本の不動産に関する資格」(以下「不動産資格」という。)には、最も有名な「宅地建物取引士(旧称:宅地建物取引主任者)」をはじめとして、その他、様々なものが存在...
タイトルとURLをコピーしました