令和元年不動産鑑定士試験論文式試験試験委員調査結果報告書

不動産鑑定士

次項に掲げる試験委員に関する一覧表の見方について

担当科目 担当する試験科目として、民法、経済学又は会計学の別を表示します。
名前 その試験科目の問題の作成を担当する試験委員の氏名を表示します。
就任した年 試験委員に就任した年を表示します。
就任期間 問題の作成に携わった回数として、本年度までの就任期間を表示します。
代表的な著作物 研究業績、著書、論文等その他これらに準ずる業績について掲載します。
リンク 試験委員の紹介ページ、試験委員の個人のウェブサイト等を掲載します。

令和元年不動産鑑定士試験論文式試験試験委員調査結果報告書

 以下、令和元年不動産鑑定士試験論文式試験の教養科目の試験委員に関する調査結果報告書となります。従って、短答式試験の試験科目の試験委員に関する調査は、これを除外しています。
 なお、ご案内のとおり、いわゆる「教養科目」である試験科目「民法」「経済学」「会計学」の試験委員を調査・分析の対象としており、いわゆる「専門科目」である「不動産の鑑定評価に関する理論(鑑定理論)」はこれを省略します。
 また、前述のとおり、短答式試験の「不動産に関する行政法規」に関する調査については、対象外とします。
 要するに、短答式試験のみの試験科目である「不動産に関する行政法規」、及び不動産鑑定士試験の専門科目である「不動産の鑑定評価に関する理論」の2科目については、その全ての出題範囲をまんべんなく網羅的に学習するべきであり、しかしながら、それ以外の教養科目である「民法」「経済学」「会計学」の3科目については、それぞれの試験科目を担当する試験委員が一人の学者として研究する専門領域・専門分野等に基づいて、その関心事に関して、一定の傾向を見出すとともに、その時代の各学問における潮流・趨勢等の時事的な課題・問題等をも含めて、総合的に勘案し、これらを踏まえて、本年度の試験問題の出題範囲の予測に適切に反映し、学習する範囲・論点等については、優先順位をつけることが重要となります。
 ぜひとも、このブログ記事の情報を皆様方の受験勉強にお役立てください。

民法

(留任)「作内良平(さくうちりょうへい)」

民法
作内良平
平成31年(西暦2018年)
2年
〔分担執筆〕潮見佳男ほか編著『新・判例ハンドブック債権法2』(日本評論社、2018年)(分担執筆, 〔判例解説6件〕)
作内良平「遺産分割と登記」大村敦志・水野紀子=編『民法判例百選III』(有斐閣、第2版、2018年)144-145頁
〔翻訳〕イブ-マリ・レティエ「裁判官と契約の履行」法学会雑誌57巻1号273-305頁(2016年)
作内良平「破産法54条1項の損害賠償請求権を自働債権とする注文者からの相殺の可否」法学会雑誌53巻2号313-327頁(2013年)
教員紹介 :: 作内 良平 | 首都大学東京
https://www.tmu.ac.jp/stafflist/data/sa/494.html

(新任)「伊藤栄寿(いとうひでとし)」

民法
伊藤栄寿
令和元年(西暦2019年)
1年
(現在、調査中・整理中であります。)
伊藤 栄寿 | 教員紹介 | 上智大学法学部
http://www.sophialaw.jp/faculty/teacher/ito_hidetoshi.html
伊藤 栄寿 – 研究者 – researchmap
https://researchmap.jp/itohidetoshi

経済学

(留任)「村瀬英彰(むらせひであき)」

経済学
村瀬英彰
平成29年(西暦2016年)
4年
(現在、調査中・整理中であります。)
教員紹介 村瀬 英彰 教授|学習院大学 経済学部
https://www.univ.gakushuin.ac.jp/eco/education/professor/list/eco/murase.html
村瀬 英彰 – 研究者 – researchmap
https://researchmap.jp/read0189501

(新任)「栗野盛光(くりのもりみつ)」

経済学
栗野盛光
令和元年(西暦2019年)
1年
(現在、調査中・整理中であります。)
教員一覧 – 慶應経済について – 慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科
https://www.econ.keio.ac.jp/about/faculty-list#modal_7720
栗野 盛光 – 教員インタビュー – 慶應経済について – 慶應義塾大学経済学部・大学院経済学研究科
https://www.econ.keio.ac.jp/about/t_interview/morimitsu-kurino
日本語 – Morimitsu Kurino
https://sites.google.com/site/mkurino/japanese-site
栗野 盛光 – 研究者 – researchmap
https://researchmap.jp/7000016531

会計学

(留任)「坂上学(さかうえまなぶ)」

会計学
坂上学
平成31年(西暦2018年)
2年
(現在、調査中・整理中であります。)
教員紹介 | 法政ビジネススクール(法政大学大学院経営学研究科)
http://hbs.ws.hosei.ac.jp/major/teacher.html
法政大学 経営学部   経営学科
http://kenkyu-web.i.hosei.ac.jp/Profiles/23/0002275/profile.html
Manabu Sakaue’s Lab
http://www.sakauelab.org/
坂上 学 – 研究者 – researchmap
https://researchmap.jp/read0185498

(留任)「山田康裕(やまだやすひろ)」

会計学
山田康裕
平成31年(西暦2018年)
2年
(現在、調査中・整理中であります。)
研究者詳細 – 山田 康裕
http://univdb.rikkyo.ac.jp/view?l=ja&u=100000765
山田 康裕 – 研究者 – researchmap
https://researchmap.jp/read0072705

過去の本試験問題の出題範囲を踏まえた本年度の出題範囲の合理的な予測に関する件

 現在、筆者自身の個人的な人間関係に基づく人脈を駆使し、適切な調査を実施しており、その結果に基づく本年度の本試験の合理的な出題予測・出題予想については、出来る限り近いうちに、具体的には、令和元年(西暦2019年)6月中旬頃までに、この記事の中で、適切に発表・公表をする予定であります。

タイトルとURLをコピーしました