ホーム / 勉強会について / 基本情報

基本情報

このホームページについて

ウェブサイトの名称日本の不動産に関する勉強会
略称日本不動産勉強会
HP開設年月日平成27年9月23日
運営団体日本不動産勉強会

団体概要

運営団体の名称日本不動産勉強会
設立年月日平成27年2月11日

ごあいさつ

 いつも、本サイトへのご訪問をいただきまして、まことにありがとうございます。

 このたび、私たちは、日本の不動産に関して、網羅的に勉強することを主たる目的として、「日本不動産勉強会」を結成し、その活動の報告の場所となる公式のホームページとして、「日本の不動産に関する勉強会(仮称)」を開設いたしました。本会の結成の趣旨は、正にその名称のとおり、日本の不動産を研究の対象として、「日本の不動産に関する勉強」を行うことにあります。

 平成29年現在、わが国の「不動産に関する資格」(以下「不動産資格」という。)は、例えば、いわゆる「国家資格」として、不動産鑑定士、宅地建物取引士(旧称 宅地建物取引主任者又は宅地建物取引員)、マンション管理士、管理業務主任者等をはじめ、「公的資格」として、公認 不動産コンサルティングマスター(旧称 不動産コンサルティング技能登録者)、賃貸不動産経営管理士等、そして、「民間資格」として、競売不動産取扱主任者、インテリアコーディネーター、不動産仲介士等、また、その他不動産と相当の関連性を有すると認められる資格として、司法書士、土地家屋調査士、行政書士、各級 ファイナンシャル・プランニング技能士(ファイナンシャル・プランナー)、貸金業務取扱主任者、個人情報保護士等、それぞれの専門的な分野に応じて、各種のものが存在しています。

 これら数多くの不動産資格は、多岐にわたって、不動産(土地とその定着物(建物、構築物等))とのかかわりを有する業界それぞれの専門分野に応じて、当該各分野に特化し、一定の専門性をもって存在しているものであり、その意味において、これら各々の資格に係る試験の出題範囲は、あくまでも「不動産」という観点からみて、多くの部分で重複しており、又は相当程度の共通点を持っているものであるということができます。例えば、代表的な出題範囲である民法は、いずれの不動産資格に係る試験においても、当然に、同一の法律である民法に根拠を置くものとなっています。

 私たち「日本不動産勉強会」は、第一に、日本における「不動産資格」に関し、その情報を可能な限り網羅的に収集し、かつ調査、分析し、その結果を適切に整理したものを、このホームページ内に分かり易く掲載し、当該情報を読者の皆様方とともに相互に共有することを目的として活動をしてまいりたいと考えています。要するに、簡潔明瞭に換言すれば、不動産資格に係る試験に合格するために必要不可欠と認められるであろう価値ある情報を発信することのみならず、同時に、決して一方的ではなくて、読者の皆様方に対しても一定のご理解とご協力とを求め、より多くの情報に幅広く触れさせていただきたいということでもあります。

 何よりも、最小限の労力で最大限の効果を発揮すること、言い換えれば、最も少ない勉強で試験に合格すること、更に、もっと噛み砕いて表現するならば、ラクして受かり、ラクして有資格者となること、つまるところ、学習作業の効率性の追求というところに念頭を置くことを踏まえて、このホームページを作成し、具体的な活動を行っていく次第です。

 そして、上述のような基本的な趣旨に基づき、この「日本の不動産に関する勉強会」では、今日、この勉強会を立ち上げた私たち有志が不動産業又はこれに関係する業界に身を置き、不動産資格の取得(不動産資格試験の合格)をあくまでも私的に支援する立場にあるなかにおいて、現在までに、私たちが少なからず培ってきた知識や知恵等の情報、いわば合格のためのノウハウ等を、このホームページを閲覧してくださる皆様方に対して、惜しみなく発信してまいる所存であります。同時に、皆様方からのご指摘やご意見、ご要望等をも、しっかりと受けとめて、この勉強会に随時、適切に反映させてまいりたい、このように考えています。

 以上より、なにとぞ皆様方からのご指導とご鞭撻を賜り、また、お付き合いのほどをいただけましたら、まことに幸いと存じます。本サイトの主題であるこの「不動産」という概念に対して、おおいなる興味と関心とを持ってくださる皆様方におかれましては、改めて、何卒よろしくお願いいたします。

2017年2月11日
日本不動産勉強会

基本情報